狭い土地に建てる狭小住宅 | 理想をギュッと詰め込める|カフェみたいな家でお洒落ライフを送ろう

理想をギュッと詰め込める|カフェみたいな家でお洒落ライフを送ろう

お家

狭い土地に建てる狭小住宅

プランニング

練馬区の住宅密集地などで狭い土地に、一戸建てを建てなければならないこともあります。狭小住宅と呼ばれますが、こうした一戸建てを練馬区で建築する際は、注意したいことがあります。それは、生活動線のことです。土地が限られていますので、どうしても三階建てなど、縦に伸ばした設計になることが多いです。必然的に上下の移動が増え、あまり考えることなく設計すると、生活が不便になることもあります。家事などが負担を感じずできるよう、工夫することが大切です。例えば、洗濯する場所と、バルコニーなど干す場所は近接させること、リビングから水回りに直接行けるようにすること、などを心がけると狭い土地を有効に活用しつつ、生活しやすい空間にすることができるでしょう。

狭小住宅は、いろいろな費用を安くできるメリットがあります。狭いために土地を安く購入できる他、土地の面積で変わる登記費用や申請費用も抑えることができます。また、入居後も固定資産税などの税金が安くすむなど、予算が限られている人でも、一戸建てを建てやすいです。そして、練馬区の繁華街や駅が近い場所など利便性が高いところでも、マイホームを実現できるハードルが低くなります。こうしたところにある土地は一般的に坪単価が高めになりがちですが、土地が狭い分、割安にできます。手が届かないと思われた練馬区の中心部で、一戸建てで暮らすことが可能です。この他、デザイン性に優れたものが多いのも、狭小住宅の特徴です。コンパクトでありながらおしゃれなデザインのものもあり、魅力があります。